くまげきリポート

くまげきリポートとは?
舞台芸術鑑賞
体験活動
子育て支援
講演会・講座
各所属団体の活動
といった、子ども劇場活動などに寄せられた感想や現地リポートを、プログ形式でお伝えします!
rss
2012年8月29日
カテゴリ: あそび

「校区の宝たんけん隊withおやじの会」1回目終了!次も楽しみです!!

 この前の日曜日に、西原村河原小学校のかわはらんおやじの会と子どもたち、それに熊本市内の力合小、池田小、北部東小のおやじの会と子どもたち、県内4ヶ所の校区で、たんけん隊を決行! たんけん隊の隊長には、東京からあそび環境Museumアフタフ・バーバンの専任スタッフ4人にお願いしました。 

 西原村では、何をするのかな?と少し不安げに集まったお父さんたちも、子どもとあそび合うことが楽しくて、最後はニコニコ顔で帰って行かれました。  誰かが隠した宝を探すのではなく、少人数のチームで探検に出かけ、自分たちでこれが宝だ!と思う物に印をつけて、相手チームがそれをさがしに行くという、お互いの宝を見合って自分たちが住む場所のおもしろさを双方で再発見できました。

 その見つけたものに思いを寄せ、物語にして発表する子どもたちは、ほんとに嬉しそうでした。10月の2回目はまた新たな発見があることでしょう!

   

  

 

投稿者 冨士川 佳余子 @ 19:32 | コメントはまだありません
2012年8月28日
カテゴリ: インフォメーション

乳幼児のメディア対策・・・子どもたちのために一度は聞いてみてください!

8月初めにもここでご案内しましたが、「子どものメディア対策」として 九大病院の小児科医の佐藤和夫先生に来ていただいて、講演会を開きます。 携帯電話がどんどん進化して当たり前に大人は使っていますが、子どもにとって、それも赤ちゃんから幼児にとってはどのようにメディア(携帯やDVD、ゲーム機、テレビなど)接触を考えればいいのでしょうか?

 今の大人が生まれた頃にはなかった物が、乳幼児の周りにあるということは、大人が学ばなければわからないこと、知っておくことが子どもの成長、将来のためにも必要です。

 乳幼児を持つ親の方、保育士や先生、育児サークルの方など・・・ぜひお出かけください。参加費無料ですし、託児も無料でします。 (今回は県内の南の方を中心にチラシなど配布しています。11月18日には、同じ内容、同じ講師の先生で熊本市内で講演会を開催します。)

     9月9日(日) 10時~12時(受付9時半)

     宇土市民会館小ホール

詳しいお問い合わせは熊本県子ども劇場連絡会まで 096-356-0741

投稿者 冨士川 佳余子 @ 19:34 | コメントはまだありません
カテゴリ: 地域公演

「南阿蘇えほんのくに」の事業の中で人形劇!

 9月8,9日に開かれる “ブルービーフェスタ”の中で、人形劇団ののはなさんの「あかずきんちゃん」と「いいものみ~つけた」の作品が上演されます。子ども劇場でもよくお願いする作品です。

 会場は高森町の上色見のフォークスクールのところ。気持ちのいい場所で、ののはなさんの気持ちがあったかくなる、すてきな人形劇に出会ってください。時間は午後1時半開演です。そのほかにもたくさんのイベントがあっていますよ!

 詳しくは、南阿蘇えほんのくに熊本事務局 096-337-0450までお問い合わせください。

投稿者 冨士川 佳余子 @ 19:07 | コメントはまだありません
2012年8月18日
カテゴリ: インフォメーション

「校区の宝たんけん隊withおやじの会」を県内4ヶ所で開きます!

今年度の子どもゆめ基金助成活動で、校区の宝たんけん隊を募って、おやじの会の皆さんと子どもたちが共に校区であそび合う、ワークショップです。講師陣は東京吉祥寺に事務所がある「NPO法人あそび環境Museumアフタフ・バーバン」の専任スタッフ4名が入ります。

 大人が考えたあそびを子どもがなぞるのではなく、大人と子どもが共に、お互いの感じたことや伝えたいことを出し合いながら、一つのチームになって校区の宝たんけんに出かけます。子どもはワクワク、大人はちょっぴりドキドキでしょうか!? とても楽しい時間を過ごすことができますよ!

  開催校区は、熊本市内3ヶ所=池田小校区(池田コミュニティセンター) 力合小校区(力合コミュニティセンター) 北部東小校区(育成クラブすぎの子)と西原村河原小校区(河原コミュニティセンター)の1ヶ所  計4ヶ所で、8月26日に開催します。

 どこも対象は小学生です。 当日午前中は、参加の大人がワークショップを受けて、あそび心を呼び戻し、午後に子どもたちを迎えてあそび合います。お父さんたちとの出会いがとっても楽しみです!!

 各校区の方で、関心がある方、またこの活動に関心がある方は、県子ども劇場連絡会までご連絡ください。

 第2回目は、10月14日(日)に同会場で開催します。

    連絡先:電話096-356-0741 FAX096-356-0780 e-mail office@kumageki.jp

投稿者 冨士川 佳余子 @ 20:32 | コメントはまだありません
カテゴリ: 未分類

熊本南子ども劇場高学年キャンプ

今日から南の高学年キャンプです。元気に出発しました。

 

ゲ-ム中

    

ご飯作っています。

投稿者 熊本南子ども劇場 @ 11:08 | 2 Comments
2012年8月7日
カテゴリ: インフォメーション

「子どものメディア対策」講演会 9月9日(日)

 今年度もこども未来財団の助成を受けて、メディアとあそびの講演会を実施します。

  第1回 「子どものメディア対策」 9月9日(日)10:00~12:00(受付9:30)  

        会場:宇土市民会館小ホール  (託児あります)  (参加費無料・託児無料です!)

       講師:佐藤和夫氏(国立病院機構九州医療センター小児科医長)

        講師の佐藤先生からのメッセージ・・・「2歳までのテレビ・ビデオ視聴は控えましょう」「乳幼児はスクリーンではなく遊びから学ぶべきである」日本小児科医会、アメリカ小児科学会の提言です。なぜ、小児科医がこのような声明を出したのでしょうか。乳幼児期は、対人関係や言語の発達に重要な時期であり「睡眠、排泄、食事」などの基本的な生活習慣が形成される時期でもあります。小児保健の研究結果から、長時間視聴と言語発達の遅れや生活習慣の形成に関連があることが明らかとなっています。アメリカ小児科学会は、“両親のメディア使用”も有害である危険性があると述べています。  講演では、子どもたちの現状、メディア漬けが子どもに与える悪影響(特に乳幼児への危険性)、そして急速に広まったケータイ・インターネットの問題も紹介します。  子育ての中で私たち大人も含めてメディアとどのようにつきあったらいいのか一緒に考えましょう。

  どなたでもご参加できます。子どもに関係している保育士の方や学校の先生などにもぜひ聞いていただきたいお話です。

  お申し込みは(お名前)(所属)(住所)(電話)(託児の有無 子どもの名前と年齢男女)を記入の上メールまたはファックスででお申し込みください。  e-mail  office@kumageki.jp     ファックス096-356-0780(熊本県子ども劇場連絡会まで)

  なお、9月9日と同じ内容、同じ講師で11月18日(日)10:00~12:00熊本市国際交流会館でも開きます。こちらはまだ受付はしていません。

 第3回があそびについての講演会とワークショップです。

     2013年1月26日(土)午前中講演会「子どもにとって“あそび”とは」 午後あそびのワークショップを予定しています。熊本県立劇場大会議室 講師:北島尚志氏    詳しいご案内は、後日いたします。

   お問い合わせ  特定非営利活動法人 熊本県子ども劇場連絡会 電話096-356-0741

 

           

投稿者 冨士川 佳余子 @ 12:29 | コメントはまだありません
↑ページの先頭へ