くまげきリポート

くまげきリポートとは?
舞台芸術鑑賞
体験活動
子育て支援
講演会・講座
各所属団体の活動
といった、子ども劇場活動などに寄せられた感想や現地リポートを、プログ形式でお伝えします!
rss
2012年2月24日
カテゴリ: 未分類

すばらしかった劇団仲間の「飛ぶ教室」の舞台

 2月21日(火)の午後7時から熊本市子ども劇場連絡会の鑑賞会 劇団仲間による「飛ぶ教室」がありました。

 小学校1年生以上の会員で観たのですが、1時間45分の休憩なしの公演に全員がすごい集中力で、舞台に惹きつけられていました。原作はドイツの児童文学者の「エーリッヒ・ケストナー」の作品です。ナチスの時代に書かれていますが、今の子どもたちの学校でも起きていそうな・・・そんな子ども時代の変わらぬ仲間関係が描かれています。

 今回は、劇中劇のシーンがたくさん使われ、舞台の楽しさを十分堪能できました。

 この作品の脚本を書いたいずみ凛さんはー「ちょっとしたことで子ども時代はよみがえる。どんなおとなにも子ども時代はあったのだから。時には、そんな楽しかった記憶が、大人になった今の自分に明日へと向かうエネルギーをくれるのだ」と言っています。そんなメッセージも舞台上から伝わり、大人は思わずウルウルきていました。

 今回は1年生以上で、兄弟がいる幼児さんたちを託児しましたので、上の子はお母さんたちとゆっくり舞台を観る姿があちこちに見られ、いい時間が過ごせたと思います。いずみ凛さんが言う、”子ども時代の楽しかった記憶”にきっとなったことでしょう。

 次回の鑑賞会は、低学年は5月に人形劇団むすび座の「ピノキオ」です。よく知られている作品ですが、この作品でも本とはまた違った、舞台ならではのスケールと面白さと、演出家のこだわりが出ていて、とても楽しい作品になっています。

 お楽しみに!!  どうぞ、会員になってご覧ください!!

 

投稿者 冨士川 佳余子 @ 11:48 | コメントはまだありません
カテゴリ: 地域公演

熊本市の御幸方面で人形劇!

 昨年から、熊本県内で公演して好評を博している=人形芝居ひつじのカンパニー=の作品「サクラがいく!!」を地域公演で南子ども劇場が準備しています。

 ひとり人形芝居の第2弾、猫のサクラが元気なチエちゃんと会ってチエちゃんの家に行くことに・・・。出演の北村直樹さんは一人で全部の役をするのですが、1時間弱の公演で動きとお話のおもしろさとまた、ロックギターを片手に登場したりの変身ぶりに笑いがいっぱいの会場です。

 ぜひたくさんの方に観に来ていただきたい作品です。対象年齢は幼児さんから小学生までしっかり楽しめますよ。

    日 時 : 3月18日(日) 14:00開演

    会 場 : ウェルネススクエアー和楽(御幸病院近く)

    参加費 : 子ども(4才~高校生)500円・大人800円・親子ペア1000円

      *お問い合わせは 熊本南子ども劇場(096-356-0741)までどうぞ!

投稿者 冨士川 佳余子 @ 11:10 | コメントはまだありません
↑ページの先頭へ