くまげきリポート

くまげきリポートとは?
舞台芸術鑑賞
体験活動
子育て支援
講演会・講座
各所属団体の活動
といった、子ども劇場活動などに寄せられた感想や現地リポートを、プログ形式でお伝えします!
rss
2010年8月29日
カテゴリ: インフォメーション

子ども劇場40周年記念講演 『「子ども力」を信じて伸ばす』中村桂子氏

今回の講演会は、講師に生命科学の第一人者 中村桂子氏をお迎えしています。

2009年の3月に先生が出版された本が『「子ども力」を信じて伸ばす』です。この中では、”「人間は生きものであり、自然の一部である」ことを伝え、子どものもつ生き物としての力を大事にしましょう!”と言われています。また、子どもの「生きる力」について”生きているってどういうことかをよく見て、よく考えることから始めましょう。”とも言われています。具体的な事例がたくさん出され、日々の生活がいかに大事かやさしく語られています。

  • 五感を研ぎ澄ます・・・自然とのふれあい
  • 遊び・食事・ふれあい・たのしみ・・・気持ちよく毎日を過ごす
  • 時間をかけて「子ども力」を育てる・・・「ふしぎ」に興味を持つ
  • 自立・元気・意欲・・・きちんと生きていくためにたいせつなこと

講演会では、本の内容も踏まえながら「生きもの」としての視点から子どもをとらえ、人間としての豊かさ、能力をを持つことの重要性をお話しされます。

どなたでもご参加できますが人数に制限がありますので、事前申し込みが必要です。(但し、託児はありません)

<この講演会は独立行政法人福祉医療機構の助成を受けいています>

日時:2010年9月25日(土) 13:30〜14:30
会場:熊本市現代美術館アートロフト
参加費:1000円(資料代)
*講演会後に北島尚志氏(NPO法人あそび環境Museumアフタフ・バーバン)との対談を1時間予定しています。
「子ども力」を信じて伸ばす 講演会チラシ
クリックすると拡大します

お問い合わせ先

熊本県子ども劇場連絡会
電話 096-356-0741
FAX 096-356-0780
e-mail office@kumageki.jp

 

投稿者 インフォメーション @ 12:34 | コメントはまだありません
2010年8月24日
カテゴリ: 未分類

やつしろ子ども劇場のホームページ

 県内の各劇場は夏休みにキャンプやお泊り会、デイキャンプと思い思いに出かけます。小学校4年生以上で青年と子どもたちだけで出かける3泊4日の高学年キャンプは、けんぐん・帯山子ども劇場が今年もやりました!!

  その中で、やつしろ子ども劇場がこの20日、21日と海の家に出かけた様子が出ていますので、ご覧ください。

    http://ykodomogekijyo.otemo-yan.net/

 

投稿者 冨士川 佳余子 @ 11:40 | コメントはまだありません
2010年8月19日
カテゴリ: 地域公演

町の医院で地域公演

 昨日(8月18日)、熊本市東部にある医院で、Theちゃぶ台の「とめばあさんのある一日」(木内里美)の公演がありました。

 普段通ってこられる患者さんや地域の方、また近くの保育園の年長さん30人ほども参加し、目の前の舞台に引きつけられていました。

      IMG_4402.JPG      IMG_4397.JPG

    幼児さんの笑うところと、大人の笑いが微妙にずれて、それがまた地域公 演ならではで面白いなぁ〜と思いました。

 院長先生はじめ職員の方々も参加され、 和やかな午後のひとときでした。

 

投稿者 冨士川 佳余子 @ 14:02 | コメントはまだありません
2010年8月6日
カテゴリ: インフォメーション

「ヴィーブル子ども劇団」公演のお知らせ

 合志市子ども劇場の全面的な協力で、合志市のホール”ヴィーブル”の自主事業として始まった『ヴィーブル子ども劇団』も今年で10周年を迎えます。

 今回はその記念企画として「中学生と卒団した高校生の合同公演」が上演されます。

  【青色グラフィティ 〜いつもよりちょっぴり暑い、私達の夏物語〜】

 高校生6人、中学生4人による元気な舞台です!!ぜひご覧ください!

   ● 日時:2010年8月22日(日)  18:00開演(17:30開場)

     場所:熊本市男女共同参画センター”はあもにい”多目的ホール

   ● 日時:2010年8月29日(日)  15:00開演(14:30開場)

     場所:合志市総合センター”ヴィーブル”文化会館

     入場無料です!

 <お問い合わせ>合志市生涯学習課ヴィーブル内 TEL096-248-5555        

投稿者 冨士川 佳余子 @ 18:25 | コメントはまだありません
2010年8月3日
カテゴリ: 未分類

8月1日(日)の2つの取り組みから

 ひとつは地域公演のところでもご案内したように、山都町で劇団道化の「3人のひょうげもん なにができるかな・しょうぼうじどうしゃじぷた」の公演がありました。毎年行われている”えほんのくに”の事業の一つとして取り組まれたのですが、子どもたち、親子で210人の参加があり、会場いっぱいの笑い声で、とっても楽しい舞台でした!! また来年もできるといいですね〜♪

 

 もう一つは、主催は”プレイ・ラボ「papa」”。 子どもたちとあそびをやっていこうと立ちあげたお父さんグループです。初めての企画が『パパ忍者!』東京からNPO法人あそび環境Museumアフタフ・バーバンの代表北島尚志さんをお呼びし、親子20組が忍者になって、イメージあそびを体験しました。子ども劇場は全面的に協力させていただきました!

 会場の島崎にある「釣耕園ちょうこうえん」は樹木に覆われたとってもすてきな場所で、幼児忍者とパパ忍者(またはママ忍者)が力を合わせて巻物探しの修行などに取り組みました。ワクワクドキドキの時間は、親子の大事な絆をつくってくれましたよ!

    IMG_4379.JPG     IMG_4391.JPG

 

                IMG_4393.JPG 

   

  

投稿者 冨士川 佳余子 @ 18:01 | コメントはまだありません
↑ページの先頭へ