くまげきリポート

くまげきリポートとは?
舞台芸術鑑賞
体験活動
子育て支援
講演会・講座
各所属団体の活動
といった、子ども劇場活動などに寄せられた感想や現地リポートを、プログ形式でお伝えします!
rss
2009年6月23日
カテゴリ: インフォメーション

子どもたちと、お友だちと、近所の方と・・・身近な所で公演を観ませんか!

 子ども劇場では、『子どものための地域公演2009』を展開中です。

 公民館や集会所などで、音楽や人形劇や語りなどプロの芸術家を呼んで公演を開催し、地域の方に観てもらう活動です。

      IMG_2186.JPG       IMG_2742.JPG

 日頃、生の舞台にはなかなか出合えませんが、身近な所であると集まりやすく、子どもたちもいつもの遊び仲間と楽しい時間を過ごします。ましてや近所のおじいちゃん、おばあちゃんも一緒だと、とってもほっとする時間、ご近所の顔がより近くなる時間でもあります。

 そんな時間と空間を楽しい舞台を通して創りだすのが『子どものための地域公演2009』です。子ども劇場が地域の皆さんに、プロのさまざまなジャンルの作品をご紹介します。日程や経費のことなど、開催されるまでのあらゆるご相談に、子ども劇場がのります。

  この地域公演をもっと各地で広げていこう!と下記の日程で集まりを持ちます。熊本在住、九州在住の芸術家3人にも来ていただいて、ご自分の作品も説明してもらいます。ぜひ直接会って、お話をお聞きください!あなたの地域でも公演ができますよ!

     【地域公演推進会議  地元団体と出会おう!】

      日時:6月27日(土) 10:30〜13:00(受付10:00)

      会場:熊本市中央公民館4階会議室(白川公園内)

      演奏者のお話:

         上田圭子さん(作曲とピアノ) この日はお話だけです

         岩井宏司さん(コントラバス、弦楽グループ)お話とビデオ 

         野田かつひこさん(歌とギター)  お話と演奏

 自治会長さん、子ども会長さん、PTA会長さん、子育てサークルのリーダーさんなど地域で公演観れたら楽しいだろうなぁ〜と思われる方、どなたでもご参加ください!!

    お問合せ先  熊本県子ども劇場連絡会  TEL 096-356-0741

   

投稿者 冨士川 佳余子 @ 17:56 | コメントはまだありません
2009年6月16日
カテゴリ: 未分類

「火の鳥」合唱団 熱く練習中!

 8月28日(金)に県立劇場で、人形劇団クラルテの「火の鳥」(手塚治虫原作)の公演があります。そこに子ども合唱団が参加します。舞台の重要な役割を受け持つコーラス隊です。

  IMG_3088.JPG    IMG_3094.JPG

  県立劇場の協力団体として子ども劇場がその合唱隊を組織し、ただいま練習中です。小学校3年生から高校生までの30人が全部で7曲を歌います。

 14日の練習日には、この作品の音楽を担当した人形劇団クラルテの一ノ瀬さんをお迎えし、作品への思いを込めた熱い指導で、子どもたちも真剣な表情で一生懸命でした。 まだまだこれから合宿などをして当日まで練習に励みます。

 みなさんぜひ「火の鳥」を観に来てください!子どもたちの澄んだ声が人形たちと一つになり、素晴らしい舞台を創りだします。

投稿者 冨士川 佳余子 @ 16:51 | コメントはまだありません
2009年6月12日
カテゴリ: 未分類

熊本県子ども劇場連絡会通常総会開催

 熊本県子ども劇場連絡会が特定非営利活動法人(NPO法人)になって8回目の総会を11日(木)に、アークホテルで開催しました。

 正会員である県内各地の子ども劇場やお客様をお迎えし、1年のまとめと新たな1年の活動計画を審議し、無事終わりました。

 IMG_3051.JPG    IMG_3054.JPG

   IMG_3060.JPG    IMG_3064.JPG     

 議事に入る前には、熊本在住の俳優 木内里美さんの朗読(宮西達也の絵本より「あなたをずっとずっと愛してる」・富安陽子作「ドングリやまのやまんばあさん」)の二作品に聞き入り、泣いたり笑ったり・・・と、とてもいい時間を過ごしました。 ”心に気になることがあってもやもやしていたけれど、泣いたり笑ったり感情がゆり動いたことで、すっきりした”ーという感想が聞かれました。 

 また、お客様でご参加された北九州在住の「人形劇団ののはな」の納富さんに、乳幼児対象作品『ちいちいにんにん』が厚労省表彰を受けられたことをお祝いして、お花をプレゼントしました。私たちもいい作品に出合えて幸せです。この作品はこれからも地域にご紹介していきたい作品です。

 元熊大教育学部音楽科教授だった渡辺学先生も駆けつけてくださり、励ましのお言葉をいただきました。

  この一年も、子どもの周りに生の舞台を観る機会を創り出し、地域に大人のつながりを広げ、『子どもの真の生きる力を育む』活動を続けていきます。

 みなさま、どうぞよろしくお願いいたします!!

 

 

投稿者 冨士川 佳余子 @ 17:48 | コメントはまだありません
2009年6月6日
カテゴリ: 未分類

影絵のワークショップ

 今日は、7月12日(日)に予定している鑑賞会、影絵劇団かかし座による「長靴をはいたねこ」の事前交流会を熊本市内でしました。かかし座から来ていただいて親子の影絵ワークショップを楽しみました。

  IMG_3022.JPG      IMG_3031.JPG

 IMG_3043.JPG     IMG_3048.JPG

 

 最初に手影絵を少し習って、あとは自分の好きな絵を牛乳パックに描いて切り取り、その一部に色セロハンを貼ったり、動くところをつくったり・・・。1時間ほどで一人ひとりの作品が出来上がり、みんなでスクリーンで映し出すと、とっても個性的で、すてきでした! 

 100円ショップなどにも色セロハンあるそうで、意外と簡単に作れておうちでもシーツなど使って楽しめそうですよ!

 7月12日の公演がますます楽しみになってきました。

 劇団かかし座は、あのコブクロの『蕾』のビデオのバックで、登場しているようですよ!

投稿者 冨士川 佳余子 @ 20:52 | コメントはまだありません
2009年6月3日
カテゴリ: インフォメーション

「あいうえお探検隊」参加者募集!

 子ども劇場の事務所で一緒に活動している『あそび環境Museumポケット・ポケット』からのご案内です。

  まちがぼくらのあそび場だ!!(子どもゆめ基金助成事業)

    ”宝探しや探検など、身体も心もたくさん動かしてあそびましょう!

       どんなあそびになるかはみんな次第・・・!?

     わくわく・ドキドキを見つけに行こう! みんなの参加を待ってるよ!”

 内容=子どもは人と関わり合い、あそびの中でたくさん想像力を働かせ、自分らしく表現したり、相手を思いやったりする豊かな人間性や社会性を育んでいく。このことから、毎回5名程度のスタッフが入り、あそびの中で子ども自身が面白さを選び取り、つくりかえることのできる内容を展開します。 

 2か月に1回の5回連続のあそび活動です。会場を新町の子ども文化会館と壷川校区の中央在宅福祉センターの2ヶ所でします。 第1回は 「あいうえお探検隊」。各々の会場を決めて申し込んでください。できたら連続して参加できることが理想です。

  【子ども文化会館】

    第1回 「あいうえお探検隊」  6月14日(日) 

    第2回 「森の忍者伝説」   8月8日(土)

    第3回 「秋の運動会」    10月3日(土)

    第4回 「まちの宝探し」   12月12日(土)

    第5回 「まちの秘密を探る」  2月6日(土)

 【中央在宅福祉センター】

    第1回 「あいうえお探検隊」 7月4日(土)

    第2回 「森の忍者伝説」  9月5日(土)

    第3回 「秋の運動会」   11月7日(土)

    第4回 「まちの宝探し」   1月9日(土)

    第5回 「まちの秘密を探る」 3月13日(土)

 各会場共通――  対象:小学校1年生〜6年生  定員:20名 参加費:100円/回(保険代として)  持ってくる物:水筒・タオル・参加費   

  お申し込み・お問合せ先

     あそび環境Museumポケット・ポケット 

        TEL 096-356-0741  FAX 096-356-0780

        e-mail  pocket@kumageki.jp  

  

 

投稿者 冨士川 佳余子 @ 11:36 | コメントはまだありません
↑ページの先頭へ