くまげきリポート

くまげきリポートとは?
舞台芸術鑑賞
体験活動
子育て支援
講演会・講座
各所属団体の活動
といった、子ども劇場活動などに寄せられた感想や現地リポートを、プログ形式でお伝えします!
rss
2008年9月28日
カテゴリ: あそび

ワクワク・ドキドキの忍者修行でした!

  力合忍者2       力合忍者                            

  今日の午後、力合小学校で約40人の子どもたちと忍者修行をしました。(主催:熊本南子ども劇場)

  あそび環境Museumポケット・ポケットのメンバー11人と小さな班に分かれて、見る修行、聞く修行、巻物届け修行など忍者のイメージでたくさんあそびました。いつもの学校が今日は修行の場に変わり、子どもたちはワクワク・ドキドキ!

 最後はイメージしたものをグループで、体で表現する遊びもして楽しい2時間でした。子どもたちは自分で思い描いたことを相手に伝え、そのことにまた違うイメージがつけ足され、一つの形をつくっていく過程が面白く、その作り上げたものを見てもらってそれが何かをわかってもらうことに、またまたうれしくなりました。

 帰りに子どもたちから「またやりたい!」の声にポケットのメンバーも にっこり!

 またできるといいですねー

 

                                

投稿者 冨士川 佳余子 @ 20:54 | コメントはまだありません
2008年9月27日
カテゴリ: インフォメーション

帯山西小学校地域の乳幼児をお持ちの方へ

 乳幼児の親子のためのコンサートが開かれます。(熊本市子ども劇場連絡会「アートスタート0123」事業)

 音楽集団アミーカ(イタリア語で女友だち)によるヴァイオリン、ピアノ、フルートの演奏です。小さいお子さんも楽しめるプログラムですので、親子でゆっくりした時間をお過ごしください!

        9月30日(火) 10:30〜 

        帯山西コミュニティーセンター

   お問合せ  帯山子ども劇場(096−356−9282)

投稿者 冨士川 佳余子 @ 11:28 | コメントはまだありません
2008年9月19日
カテゴリ: インフォメーション

忍者 力合にあらわる 〜あつまれ子ども忍者〜

「 えっ?忍者が力合小校区に来るの?」 いえいえ、あなたが忍者になって校区を遊ぶんです。「どうやって忍者になるの?」それは簡単!風呂敷を頭に巻くだけで立派な忍者に変身です。

 子ども劇場の活動グループから生まれた『あそび環境Museumポケットポケット』のメンバーと一緒に五感を使った遊びからワクワク修行?何が待ち受けているか、お楽しみに!! お友達同士、力合小学校のみなさん、忍者になって遊んでみませんか?

    日時  9月28日(日) 受付1:00〜  開始13:30〜15:30

    場所  力合小学校

   参加費  500円

    対象者 小学1年生〜6年生(50名程)

    持ってくる物  風呂敷(大きめの物 木綿) 飲み水

    連絡先  熊本南子ども劇場  電話096−356−0741

           加川 096−358−7661 090−9066−1959 

  *『あそび環境Museumポケットポケット』はこれまでに、子ども会、小学校、保育園、育成クラブ、公民館などで、遊び、表現活動のワークショップをこれまで90回ほど行っているグループです。熊本市の市政だより2008年7月号の「ふれあいひろば」で紹介されました。 

  

       

 

 

 

  

 

投稿者 冨士川 佳余子 @ 11:08 | コメントはまだありません
2008年9月18日
カテゴリ: 未分類

なぜ今、児童青少年演劇なのか=楽しみ、経験や理解を深め、人生を学ぶ=

「ー 現代社会において、子どもたちや青少年には、多くのことが求められてきています。これにともなって教育にも多くのことが求められています。たとえば、一人ひとりに自尊心と社会性を両立する力をつけること、不確かで複雑なことがらとどう関わるかを学ぶこと、情報と実践の経験とを関連付けられるようになること、ただ知っているのではなく、適切に判断し行動できるようになること、このような大切な力を一人ひとりが持てるように求められています。

 そして最良の教育とは、子どもたち自身の運命が、それぞれの個人の力によって決められるのではなく、他者と一緒になって関わることによって、個人のレベルでは解決できない問題にも立ち向かうことができる、という生きる力を子どもたちや青少年に獲得させるものであるべきです

 したがって、広い意味での教育において、演劇は、最も重要なものとして、その力を発揮することができます。すぐれた児童青少年演劇は、観客にこれらを与えることができるからです。言いかえれば、演劇は、観客の経験にかかわることができるし、彼らの知識を広げるきっかけを与えることもできるし、彼ら自身の理解を深めさせることもできます。

 つまり、子どもたちと青少年にとって、演劇を観ることは、まさに人生の教育そのものなのです。」

  <マイケル・フィッツジェラルドAM  アシテジ名誉会長>オ−ストラリア

                         *アシテジ=国際児童青少年演劇協会

                        (児童青少年演劇ジャーナル げき4より)

       

                                

  

 

 

投稿者 冨士川 佳余子 @ 17:13 | コメントはまだありません
2008年9月13日
カテゴリ: インフォメーション

0,1,2,3才のための人形劇(アートスタート0123)

 アートスタートって何? と思われるかも知れませんが、”初めてのお芝居体験を始めましょう!”という意味で、子ども劇場で使い始めました。 熊本市内で10月に小さい子どもたち向けの人形劇を公演します。親子で楽しい時間をお過ごしください!

 今回のご案内は「人形劇団うずらのたまご」による”うんちしたのはだれよ”と”うずら合唱団”の2本立てです。この劇団は人形劇大好きのベテラン主婦4人でつくっています。

 かわいいモンチキくん(?)が案内をつとめますー毎回、終演後子どもたちにこのモンチキくんは取り囲まれ大人気なんです♪ ぜひ会いに来てください!!

   10月8日(水) 14:00〜  古町コミュニティーセンター

   10月17日(金) 10:30〜 城西コミュニティセンター(予定)

   10月下旬   帯山地域で予定しています。

 詳しいお問い合わせは下記まで。 また、子育てサークルなどでこの劇団を呼んで自分たちで観たい、という方は子ども劇場事務所までどうぞお気軽にお問い合わせください。

   子ども劇場 連絡先  TEL 096-356-0741

 

 

 

 

 

投稿者 冨士川 佳余子 @ 19:41 | コメントはまだありません
2008年9月11日
カテゴリ: インフォメーション

乳幼児の親子のためのコンサート開催

  小さい子どもたちにこそ本物のすてきな音楽を・・・

  0,1,2,3歳の親子のためのコンサートです。ヴァイオリン、ピアノ、フルートの楽器が奏でる音色をお楽しみください。また、中ではペープサートもありお話も楽しめます。

 演奏するのは音楽集団「アミーカ」。熊本交響楽団のメンバーを中心に仲良しお母さんたち5名による音楽サークルです。幼稚園、保育園、小学校などで演奏活動を行っています。

  9月16日(火) 11時〜  ウェルパル熊本会議室  

  9月30日(火) 10時30分〜  帯西コミュニティセンター(予定)

  10月7日(火) 10時30分〜  池田コミュニティセンター

 くわしいお問い合わせは 熊本市子ども劇場連絡会(096−356−9282)までご連絡ください。

 

 

 

投稿者 冨士川 佳余子 @ 20:41 | コメントはまだありません
↑ページの先頭へ