くまげきリポート

くまげきリポートとは?
舞台芸術鑑賞
体験活動
子育て支援
講演会・講座
各所属団体の活動
といった、子ども劇場活動などに寄せられた感想や現地リポートを、プログ形式でお伝えします!
rss
2008年5月24日
カテゴリ: 未分類

楽しかった人形劇「11ぴきのねこ ふくろのなか」

 昨夜、県立劇場で人形劇団クラルテによる「11ぴきのねこ ふくろのなか」(原作 馬場のぼる)がありました。

 会場いっぱいの親子が観る中、人形劇の舞台ならではの仕掛けが次々と出てきて、1階席の一番後ろにいた子どもも、大きな声で歓声を上げたり、一緒ににゃーご、にゃーご、と歌ったり・・・とても楽しい舞台でした。

 子どもたちは11匹のねこになって見ているので、楽しい時は笑うし、困った時はちょっとしんみりなるし、人形の動きをとても読みとって、お話を一緒に楽しんでいるようすが会場の雰囲気からわかります。きっと家に帰っておうちの方に話して聞かせたのではないでしょうか。 

 子ども劇場は、舞台を楽しむ楽しみ方がもうひとつあります。それは、事前にしっぽと耳をつくってそれを付けて参加している親子がいたり、カーテンコールでプレゼントを役者さんに渡すお役になったら自分たちで準備したり・・と 参加型で楽しめるのです。また、昨日は最後にバックステージツアーもあり、照明、音響の仕事の説明や、舞台の裏側を見せてもらったりして、いろんな人が関わって舞台ができていることも教えてもらいました。

 一つひとつの舞台のその1時間〜1時間半を、日常の中に作り出すのが、塾やお稽古やと忙しい毎日では大変、ということはよく聞きます。でも、一つの舞台がその子の人生の原風景として、ずっと心の中に生き続ける、ということもあるのです。 ですから毎回、子ども劇場は舞台を準備し、子どもたちとその日、その時間を大切に待ち続けているのです。

 今回、この公演で新しく子ども劇場の会員になってくださった方が、133名いらっしゃいました。これからも地域で仲間を広げていきましょうね! そして人と人との出会いが舞台との出会いにつながっていきますように! 

  

  

投稿者 冨士川 佳余子 @ 17:52 | コメントはまだありません
2008年5月19日
カテゴリ: 未分類

お問い合わせが続々!!

 今が入会のチャンスです! 

 県内の子ども劇場は各地域に16劇場ありますが、そのうち13劇場で人形劇の公演が近々あります! くわしい内容はこのホームページのスケジュールをご覧ください。

 熊本市では大阪に生まれて60年になる人形劇団クラルテの「11ぴきのねこふくろのなか」。また山鹿市、合志市、宇土市、宇城市、八代市、天草市、人吉市では長年作品を観続けている子ども劇場関係者にとても評判のいい、名古屋の人形劇団夢知遊座(むちゅうざ)による「やくそく・続たべたいなぁ〜」 があります。 2作品とも幼児から小学校低学年が楽しめる作品です。

 人形劇は、子どもたちにとってはとても身近に感じるものです。人形の動きを追うのが楽しい時期と、だんだんお話の世界に入っていける年齢と、そのお話と自分のこれまでの体験や価値観とすり合わせてより深く観れる年齢と、とその子に合った見方ができます。

 絵本は気に入ったものは何度でも読んで、と子どもは持ってきますが、舞台はそうそう同じ作品を何度も観る機会は難しいかもしれませんが、子どもの受け取め方は成長に合わせて、観る視点が変わってくるのです。 

 子どもには、もっと舞台を観る機会が、質も量も必要と言われています。生の舞台から伝わる感動は、他では得られないものです。いつまでも心に残ります。幼児の時から絵本に出会うように、舞台にもたくさん出会わせたいものですね。素敵な体験をたくさんしてほしいです。

 でも、子どもは自分で観に行くことはできません。

       大人の舞台に対する理解がないと、子どもは舞台に出会えないんです。

 

 お問い合わせは、各劇場または県連絡会(096−356−0741)までどうぞ!

 

投稿者 冨士川 佳余子 @ 23:43 | コメントはまだありません
2008年5月14日
カテゴリ: 未分類

あなたの地域で舞台を観ませんか?

 今年度も「子どもの豊かな心を育む 子どものための地域公演くまもと2008」が始まっています。2007年度は24作品、67ステージ、6881人の県内の地域の方が舞台を楽しみました。

 写真は今年の3月20日から25日まで、名古屋の人形劇団むすび座の作品「ミーくんのたのしいおつかい」(0,1,2才対象の作品)を県内6カ所で公演した時のものです。子育てサークルなど地域の人が中心で声かけ合ってどのステージも親子で楽しい時間が持てました。

 このように、子どもたちの日常の中で舞台を観れるようにと、子ども劇場は作品選びから当日の団体のお迎まで公演に関するあらゆることを、お手伝いします。子どもたちのうれしそうな様子や、大人の笑い声がまわりの空気をあたたかくし、人との関係を柔らかいものにしますよ。

 あなたのまわりでも、舞台を観ませんか? 子ども劇場がお手伝いします!

IMG_21831.JPG       IMG_2156.JPG

 

投稿者 冨士川 佳余子 @ 23:18 | コメントはまだありません
2008年5月10日
カテゴリ: 未分類

「まわって・とんで・子どもは遊びの大天才」

 熊本バレエ研究所代表の伴征子先生から、お母さんたちに向けて子育てについてのお話をお聞きします。親子の関係においても、子どもが成長するためにも、子どもたちにとって今、何が大切か・・・。パワーあふれる先生のお話は尽きることなく、ダイナミックで楽しい時間です。

   と き:5月16日(金)10:30〜12:00(受付10:15〜)

   ところ:ウエルパルくまもと広場(熊本市総合保健福祉センター内1階)(ダイエー大江店横)

    どなたでも参加できます!(参加費無料)

 

投稿者 冨士川 佳余子 @ 13:40 | コメントはまだありません
↑ページの先頭へ