くまげきリポート

くまげきリポートとは?
舞台芸術鑑賞
体験活動
子育て支援
講演会・講座
各所属団体の活動
といった、子ども劇場活動などに寄せられた感想や現地リポートを、プログ形式でお伝えします!
rss
2008年4月24日
カテゴリ: 未分類

長嶺公園で遊ぼう!

 今年も帯山子ども劇場恒例の4月29日の遊びの会「長嶺公園で遊ぼう」があります。子どもから大人まで、「ただただあそぶ。のっぱらで。」とチラシにあります。

  何があるのか楽しみですね!高校生、青年の会議で準備中。

   大縄・人間カルタ・しっぽとり・忍者も出没?・・・   身体もいっぱい使って楽しそうです。どなたでも参加OKです。

     4月29日(祝)10:30〜  長嶺公園(国体道路モスから入る)

     持ってくる物<お弁当・飲み物・着替え・帽子・遊び道具など>      参加費 100円     *お問合せ 帯山子ども劇場 096−356−9282

投稿者 冨士川 佳余子 @ 11:25 | コメントはまだありません
2008年4月15日
カテゴリ: 未分類

「11ぴきのねこの心は自由です!」

 5月23日に熊本市子ども劇場連絡会(市内6劇場合同)の低学年観賞会で、人形劇団クラルテ(大阪)による”11ぴきのねこ ふくろのなか”の公演を予定しています。(会場:県立劇場演劇ホール)

 その舞台を観る前に、クラルテの元代表松本則子さんを熊本に呼んで、作品の話や劇団のこと、また世界の子どもの演劇祭によく出かける松本さんですので、そこでの楽しいお話を聞く会を設けました。

 ”11ぴきのねこ ふくろのなか”は原作 馬場のぼるさんの絵本を人形劇にしたものです。11ぴきのねこは、次々に出会う禁止の看板に背いて楽しい遠足を続けていると、ふくろの中にとらえられてしまいます。でもそこからみんなで知恵を出して、解決していく・・・というお話ですが、人形劇ならではの表現を子どもたちはきっと楽しむことでしょう! 

 しかし、大人は子どもにとってよかれと思って、先回りして禁止の言葉かけを日常、ついしてしまいます。そのことが子どもにとってどうなのかーこの作品を読んで、また舞台を観て大人は考えさせられるかも知れませんーそのことを松本さんは『子どもがいるということは、あなたが育つチャンスです』と言っています。

 さて、どんなお話が聞けるのでしょうね? ぜひお出かけください!

  (年長さん以上は、あそびがいっぱいの託児もありますよ。)

    とき   4月20日(日) 10::00〜12:00

    ところ  熊本市中央公民館4階会議室(白川公園横)

    参加費  無料

*お問い合わせ  熊本市子ども劇場連絡会 電話096−356−9282 

*20日の参加ができない方は、各劇場毎にも開催しますので上記までお問い合わせください。 

 

 

投稿者 冨士川 佳余子 @ 21:24 | コメントはまだありません
2008年4月6日
カテゴリ: 未分類

2007年度の地域公演 67ステージ実施!

 子ども劇場が大切な活動と位置づけている「地域公演」。県内の子どもたちがいるところ、どこへでも”子どものための舞台公演”を届けていきたいーという思いで、毎年取り組んでいるものです。幼稚園、保育園、学校公演に作品紹介したり、校区などの地域で実行委員会を立ち上げ、公演までの取り組みをサポートしたり、子ども会主催をサポートしたりと・・・子どもに舞台を観せたい! という思いの人がいれば、県内どこまでも行って作品選びから当日までをお手伝いしています。

 そうして2007年度は67ステージが実現できました。公民館やコミュニティセンター、体育館など身近な会場で観るので、子どもたちもお友達や家族ととても楽しい時間です。子どもたちがほっとする時間、お隣同士肩寄せ合って心から笑い合って共感する時間、子どもの笑う顔を見て親がうれしくなる時間などなど・・・です。また、生の人間から伝わるものを受け止めて、自分の感情を豊かにする時間でもあります。

 こんなことを実感すると、まだまだ子どもたちに舞台を観る機会を広げていきたいと思わずにはいられません。

 今年度も引き続き またまた100ステージ(?)をめざして、地域の方にお声かけしていきます!  うちでもやりたいなぁ!と思った方は、どうぞご連絡ください。

 早速、4月26日八代の保育園からお尋ねがあり、人形劇が決まりました。今年度のスタートです。

投稿者 冨士川 佳余子 @ 13:53 | 1件のコメント
↑ページの先頭へ