くまげきリポート

くまげきリポートとは?
舞台芸術鑑賞
体験活動
子育て支援
講演会・講座
各所属団体の活動
といった、子ども劇場活動などに寄せられた感想や現地リポートを、プログ形式でお伝えします!
rss
2006年10月26日
カテゴリ: 未分類

遊びの力

 熊本大学教育学部の木村先生に頼まれ、講義の中で、「遊びの教育学的意義を考える」というテーマで90分(14:30〜)話してきました。2年生の16人、どんな学生さんたちかなぁと・・行く前はちょっと緊張してましたが、みんなの人懐っこい顔を見てこっちもにっこり! 半分以上の時間は、アフタフ・バーバンの講座で培った(?)遊びを一緒にして、とても盛り上がりました。

 子どもの頃好きだった遊びも思い出しながら、「楽しかった!」という思いはどこからきてるんだろう?とたずねると、グループ毎に出てきた言葉はー

   ・友達がいるから  ・押し付けられていないから  ・からだを動かすから・ 大人がいない  ・スリル感がある    ・子どもだけでやれる   ・ルールが作り変えられる  ・成績が残らないから   ・ダルくない   ・新たな世界の発見     ・ 笑えるから   などなど・・・

  ”教育的意義”なんてところまでは私の話では到底行き着きませんが、考える入り口になったかな、と思います。

  帰り道、受けた中の3人の女の子に会って、ニコニコ顔で「これまでで一番楽しかった」 と言われ、ホッとうれしくなりました。

  またみんなと遊びたいなーーー   なんだかちょっと会っただけなのに、愛着が湧いてくるこの感じは、やっぱり遊びの力!なのかな?

投稿者 冨士川 佳余子 @ 22:19 | 2 Comments
2006年10月16日
カテゴリ: 未分類

秋を満喫しつつ・・地域公演

 昨日、15日は南阿蘇村白水体育館で劇団道化「番ねずみのヤカちゃん」の公演でした。旧長陽村で7年続いてきた年1回の地域公演が、南阿蘇村に合併しても”谷人たちの美術館”の一環として、実行委員会で取り組まれました。

  朝10時半、仕込みが始まると続々とスタッフメンバーが集まってきました。中学生の男の子たち、お母さんたち、そしてお父さんたち総勢20人ほど。なんとも心強い感じです。そして皆さん和気あいあいと、楽しそうにワゴン車から舞台道具を降ろしていきます。

 そして、次々に袋から出した部品が組み立てられ、大きな幕が立ち上がり舞台ができていく様を、手伝いながら、感心して見てられました。大きな体育館の一角に黒幕で仕切られた素敵な舞台空間が1時間ほどで出来上がりました。

 あとは子どもたちを待つだけ。誰が来てくれるか・・準備中にも携帯で呼びかけが続きます。開場して次々に入ってくる子どもたちを実行委員長と事務局長のおじ様二人が、舞台前を行ったり来たりしながら、見守っている様子が”何ともかわいかった”と袖から見てた役者の弁。

 100人を超える子どもと大人が集まり、大声の「ヤカちゃん」にどんどん引き込まれ、反応が子どもたちから次々出て、演じてる役者を惑わすほど一人一人の子どもの存在感があった様子。

  終わってからのまとめ会では、”明日からの元気をもらった” ”楽しかった”とまたみんなで和気あいあい! にぎやかです。  手伝ってくれた中学生二人の兄弟は初めの年からずっと8年間観続けていました。そしてお父さんお母さん弟たちと一家総出の観劇会は家族の年中行事になってる様子です。 

 また来年、経費の捻出が頭をよぎるものの、実行委員長のお顔も盛り上がりに押されて、笑顔で”困ったなぁ”という表情でした。是非、お願いしますね!!

  やっぱり阿蘇は素敵です。今回、出会った皆さんとまたつながっていきたいなぁ と思いながら帰りました。

  帰り道、気持ちいい空気と青空の下で食べたソフトクリームが美味しかったこと!!

投稿者 冨士川 佳余子 @ 23:03 | 1件のコメント
2006年10月4日
カテゴリ: 未分類

舞台とバザー

  今度の土曜日は、熊本市子ども劇場連絡会の鑑賞会。荒馬座による「大地のまつり水のうた」があります。会場はフードパルで午前午後の2ステージです。そして今回は、ステージとステージの間で、子ども劇場35周年のバザーもあるので、市内の各子ども劇場はそれぞれ準備に日々おおわらわです。

 当日の看板や売るためのクッキー作りにと、会員に呼びかけ、得意分野を発揮してもらうので、運営委員会などの会議では出会わない方も出てきてくださり、とてもにぎやかです。

 ちょっと大げさだけど、今の世の中で、大人も子どもも自分たちで企画して、どんどん進めて行く楽しさが味わえる貴重なところが子ども劇場かな、とおもいます。  時には面倒だったりもあるけど、仲間がいることで自分の力も発揮できて、関わるほどその手ごたえが味わえるところですよ。

 10月7日は舞台も観れて、バザーで昼食もあり、お店もたくさん出ます。 

 ある劇場では、青年たちによる洒落たドリンクコーナー?(夜だとバーテンダーが登場する雰囲気でしょうか)がお目見えするようですよ! ちょっと楽しみ!!

投稿者 冨士川 佳余子 @ 23:37 | 2 Comments
↑ページの先頭へ